渡辺 秀敏さん

皆さん、こんにちは。

中小企業大学校旭川校では、昨日より2日間、「管理者の運輸安全マネジメント強化講座」が開講中です。

本日は、受講者のお一人、苫小牧清掃企業組合 (新規ウィンドウ)エコワークス苫小牧(苫小牧市) 施設部 部長 渡辺 秀敏(わたなべひでとし)さんにお話を伺いました。




渡辺さんのお話

苫小牧清掃企業組合では、汚泥リサイクルプラントの工場に所属しています。また、廃棄物である汚泥を処理して肥料を製造しているグループ会社の株式会社トマウェーブでは、取締役も務めております。
今から2年前に自社で所有しているトラックの車両や管理の点から、和田講師の運送業の研修を旭川校で受講しました。
今回は、自動車運送業者の監査方針・行政処分の強化の新基準に対応すべく危機管理力を備えるため受講に至りました。
今回の受講は、和田講師のお話に加え、他に受講されているメンバーの方から生の声を聞くことが出来て、大変勉強になりました。
貨物事業輸送でも、ドライバーに対して、危機管理教育を怠ると 事業停止係わってくることをより深く、改めて認識することが出来ました。
今後は、環境と安全を両立して、いかにうまく経営をしていくかが課題です。
将来の夢は、苫小牧には水族館がないので、地元苫小牧に水族館を造りたい。
現在、汚水を処理し、水と砂を分けて、綺麗になった水を河川に放流していますが、その水を利用して、小さくてもいいからアトリウムのある水族館が造れたらいいなぁと思っています。



今から3年ほど前 毎月のように苫小牧から 中小企業大学校旭川校に足しげく通っていただき、多くを学ばれていた渡辺さん。
以前にお会いした時よりも、バージョンアップして、立派な管理者に成長されているようですね。
きちんと素敵な夢もお持ちで、今後も楽しみです。本当にうれしい限りです。

渡辺さん ありがとうございました。

経営幹部実力強化講座3回目


皆さん こんにちは。
中小企業大学校旭川校では本日、経営幹部実力強化講座(第7期)インターバルを挟んで第3回目が開講しました。

今日はまず経営戦略の基礎の復習からで、インターバル期間に設けられた課題のフィードバックから始まり、自社の経営戦略の骨子の発表・ディスカッション。

午後は、自社商品のサービス・営業システムの見直しという課題で、「心の時代にものを売る方法」について 学術研究と商売の現場での実証に基づいた理論と具体的な実践法を学びます。

明日は いよいよ オラクル ひとしくみ研究所の小阪 祐司さんの講演があります。ワクワク!お楽しみ!です。

[研修]税務からみる経営改善講座

皆さん、こんにちは。
今朝の旭川大変よく冷え込みました。
スマートフォンのアプリで確認した気温は本日の受付時になんとマイナス22度。
マイナス22度になると、さすがに巨大な冷凍庫の中にいるような感覚がありました。
そんな寒さの中、中小企業大学校旭川校では、2014年度、年明け一回目の研修「税務からみる経営改善講座」が昨日開講しました。

消費税法改正に伴う中小企業への影響と対策を学ぶほか、財務会計とは違う税務会計の手法や、税務調査への適切な対応を学んでいただこうという内容の講座です。

あと講座修了まで10分、寒い中、受講者の皆様大変お疲れ様でした。

2月開講!食品講座のごあんない


消費者の心をつかむための戦略を立てよう!


 広大な大地の北海道は、世界にも通用する食材の宝庫です。しかし、ただ北海道産というだけで商品が売れる時代は終わりました。「おいしい」が当たり前の商品があふれる中で消費者に選ばれる商品を開発するためには、確固たる商品コンセプトを創造し、ターゲットを明確にした販路を視野に入れる必要があります。「自社食品を沢山の方に知ってほしい!食べてほしい!」という想いをフードプロデューサー小畑友里香講師が叶えてくれます!


マーケティングのキーワードは女性です!

現代、衣・食・住のすべての決定権はまさしく女性にあります。そして食に関する商品戦略のカギは一般家庭の食卓に潜むと言われる時代です。日々の暮らしの中で、「食材を選び、自分で考え、作って食べる」女性だからこそ、売れる食品火付け役となります。この講座では、女性の感性や価値観を重視したマーケティングについて徹底的に学びます。



食もスタイリングの時代!〜中身良し!外良し!が大切〜

 本講座では、第一線で活躍一でしてる有名スタイリスト中川みどり氏にゲスト登壇いただきます。 中川氏は現在フードスタイリストとしてもご活躍される魅力的な女性です。保存料・着色料・添加物を一切使わずに、野菜本来の色をそのまま活かしたベジパスタ、京野菜をつかったジャム(加茂トマト、堀川ごぼう等)を開発し、大手百貨店で取り扱われています。 お客様の手にとってもらえるパッケージとは?、斬新なアイディアとヒントがいっぱいです!



思わず食べたくなる商品開発力講座」←詳細はこちらをご覧ください(新規ウィンドウ)

千葉 章弘さん


皆さん、こんにちは。
昨日、旭川校を見学に、木工クラフト制作会社「リーフスタイル」代表の千葉章弘さんが来てくださいました。
千葉さんが旭川校を訪れるきっかけとなったのは、先日札幌で開催されたビジネスエキスポで当校研修コンサルタントと出会ったことがきっかけ。
千葉さんは現在旭川の隣町東川町在住で、15年前に神奈川県から北海道東川町に居住。旭川の家具会社に8年間勤務し、2010年に独立し、木工クラフト制作会社「リーフスタイル」を立ち上げました。
千葉さんの作るクラフトは、木製の乳歯入れや、オリジナルのコースターケースなど夢あふれる素敵な作品
クラフト・家具の本業の他に、このたび、絵本作家として福音館書店から「空のみち〜飛行機と航空管制官」が発売されました。
5年前、旭川の家具メーカーで勤務作業中に大けがをして入院した際、見舞いに訪れた息子さんとの語らいがきっかけで、絵本を製作。
こども冨貴堂に絵本を持ち込んだところ、福音館書店を紹介され、ユニークな小学生向けの雑誌「月刊たくさんのふしぎ」の10月号として千葉さんの絵本が掲載されました。
千葉さんは、地元の若手木工グループに所属し、活動も広げています。
「木の街」 旭川で こういったものづくりの若い方達、沢山活躍していただきたいです!

12月になりました


皆さん、こんにちは。
早いもので もう気づいたら12月・・・・
中小企業大学校旭川校の周辺もすっかり雪景色となり
これから本格的な 冬本番な寒さがやってきます。

冬は寒いし、滑るし、雪かき大変だし・・北海道に住んではいるものの・・
苦手という方がたくさんいらっしゃると思います。

特に昨年度はまれにみる大雪で、JRの遅れなど、交通の便で色々と支障が出て、多くの方が、開講時間に間に合わなかったりなどしました。

今年は穏やかな天候であってほしいと切に思います。

さて、中小企業大学校旭川校では、今年もクリスマスツリーを一階ロビーに 飾りました。

外は寒くても、旭川校にお越しいただく皆様に、少しでも、温かい気持ちになってもらいたい・・・とスタッフ一同の願いを込めて ツリーを飾りました!

普段お疲れの皆様、受講者の方が一人でも ホっとしていただけるといいな〜と思います。。。(~_~)

水木英昭さん

皆さん、こんにちは。
中小企業大学校旭川校では、昨日から「ドラッカーに学ぶマネジメントの王道」講座が開講中です!
ドラッカーをテーマにした講座を旭川校で開催するのは初めてです。
今回は21名の受講者の皆様にお集まりいただきました!
本日は、有限会社水木産業 専務取締役 水木英昭(みずきひであき)さんにお話しを伺いました。

水木さんのお話

中小企業大学校旭川校の受講は今回が初めてです。
過去、自分は間違っていないと思うことでも人への伝え方が悪かったりして、仕事や人間関係でうまくいかなかった経験がありました。

「このままじゃいけない!」という気持ちから、自己啓発に取り組んできました。トラック協会のセミナーや、TUTAYAのビジネスカレッジなどを利用していました。
そんな中、トラック協会に加入している仕事仲間から、大学校を紹介されました。

色々と勉強し、本を読んでいると「ドラッカー」というkeywordが頻繁に登場して、「すごい哲学者」なんだ・・と思い始め、ドラッカーのことについてのDVDなどを借りてきて観たりしました。
そんなことから、ドラッカーについて興味があり今回の受講に至りました。

実際に受講して、セミナーの臨場感が伝わってきました。グループディスカッションを初めて体験し、このセミナーに参加されている方の意識が非常に高く、大変勉強になりました。

特に講座の中で、介護ディサービスを利用している人の中でサービスを解約する人、継続する人の理由についてのお話は、ドンピシャで自分にあてはまっているものでした。
何が大切なのかに気づくことが出来、改善すべき点がみえてきました。

色々と勉強し、自分のスキルUPを図り、10年計画で、現在の事業を継承しようと思っています。



先週は水木さんの奥様が財務の講座に受講してくださいました。
夫婦 2人三脚で、事業継承10年後の実現に対し、中小企業大学校旭川校は全力で応援したいと思います。

水木さん、ありがとうございました。